みなさんこんにちは!

一瞬書きかけのこの記事があがってしまい、ものすごくあたふたしました…

ご覧になった方がいらっしゃいましたらすみませんでした。

こちらが本当の記事です!

(いろいろ不慣れな事も多く、ミスもありますが新人がんばります!)

 

そして…

前回の新人スタッフ講座では、紙張りとネット張りの違いについて

お話させていただきましたが、どうだったでしょうか?

 

わかりにくい所もあったと思いますが、

この企画続けてみようと思います!

それでは、第2回のタイル講座は、タイルのサイズについてです!

 

 

作善堂のタイルシンクに使用しているタイルのサイズは

10mm角、22mm角、22.5mm角、25mm角、45mm角のものを

基本に使用していますが、このサイズはタイルそのものの大きさで表していて、

目地分は組み込んでいないサイズ表記の方法になっています。

 

そして、業界特有のサイズの呼び方もありまして、

(この呼び方が私の頭を余計にこんがらがせてくれたのですが  笑)

 

10mm角 → 三分五厘

22mm角 → 七分

25mm角 → 八分

 

というようにタイルメーカーさんや紙張りのばぁちゃんたちはこの呼び名で

やりとりしています。ばぁちゃんにミリで言っても伝わりません(涙)

 

八分半丁というのは、この25mm角(八分)を半分にしたもの

IMG_0256

24.8mm×11mmサイズ(作善堂で使っているものの場合)のものを言います。

 

25mmの半分て言うけど、きっちりかんかん半分じゃないじゃない!という

 

数字ですが、目地との兼ね合いがあるのだと思います。

image1

そう思いまして…

25mm角(八分)に端を合わせてのせてみました!ちょうど目地分の隙間ができますね!!

 

このように、八分の半分のタイルなので八分半丁というわけです!

知ってしまえばなんて事のない事かもしれませんが、知らない人間にとっては

なかなかに疑問に思う単語でした(笑)

 

そして、作善堂のオールホワイトシンクも実は2種類あって

普通の正方形バージョンのオールホワイトと八分半丁のバージョンがあります。

気になる方は下記からご覧くださいね ♪

正方形タイルのオールホワイト→こちら

八分半丁タイルのオールホワイト→こちら

(すべてのサイズでお作り出来ます!)

 

 

タイルは焼き物ですが、建材にも使用されるものですのでJIS規格をクリアし、

さらに各メーカーさんはもっと厳しい独自の規格で作っています。

器などの焼き物とはまた違い、別次元の焼き物だなと感じます。

その日の湿度や窯の入れる場所、色、形…様々な変化が起こりうる焼き物で

これだけの精度でものがあがってくるのはすごい事だと思います。

タイルは知るほどに奥が深いですね。

 

それでは、これで第2回のタイル講座を終わろうと思います!

 

次回もまたタイル講座を開催予定ですので、楽しみにしていただけたら嬉しいです。

では、また!

 

 

 

 

 


“新人スタッフと学ぶタイルのあれこれ講座〜第2回〜八分半丁タイルって何?タイルのサイズについて” への 1 件のフィードバック

コメントを残す