みなさんこんにちは。

“ウッドフレームにタイルをセットし目地入れてみました!その1”の続きです!

前回はウッドフレームに接着を塗りタイルを貼り付けた所まで進みました。

 

次はいよいよ目地入れです!

汚れても目立たないようにグレー目地をチョイス。

釉薬がのっているタイル部分(表面のガラス質の部分)は汚れても拭き取れば綺麗になりますが、

目地部分はなかなか汚れが取れにくいので。

タイルシンクも目地の汚れが気になる!という方にはグレー目地がおススメ。汚れが目立ちにくいです。

ちなみに、白目地でもキッチン用の漂白剤などでお手入れすれば、かなり綺麗になりますよ〜。

 

目地をいれたら、濡らして固く絞ったスポンジで余分な目地を拭き取り。

抉らないようにスッ。スッ。と軽くなでるように拭き取ります。

 

完全に目地が乾く前にウッドフレームの養生をしていたマスキングテープを剥がします。

マスキングを剥がす時に目地部分も抉れてしまう時があるのでその時はちょちょっと修正してあげてください。

ここまできたら、後は完全に目地が乾くまで待てば完成です!

 

小学生の時のタイルが有効活用されました(笑)

 

みなさんもウッドフレームクラフトキットでぜひタイルを楽しんでくださいね♪

 

それでは、また!


コメントを残す