さて、本日は小さいホワイトタイルのみを使った天板を作ってみました。 よくタイルクラフトでは、木製の板の上にタイルを貼った天板が作られてますね。 これのメリットは軽量でいいですが、デメリットは屋外では使用できないことです・・・ 下地が木製ですので、水に弱い&強風に耐え切れなくて吹っ飛びます・・・ 
今回、作善堂が作った天板はモルタル(セメント)製、金属メッシュ入りの重さ約10kgの品物です。 これは、重みもそこそこありズレたりしないので、屋内では机の天板としても使えます。 僕の希望は、この天板は是非、屋外で使用いただきたいですね~ 甘やかさずに、外で雨風にさらされ自然な汚れと、自然な目地材の痛みがあわさり、レトロ感がでればなお一層いい感じが演出できるでしょうね~
さぁ~お披露目いたします。↓IMG_0507[1]IMG_0508[1]IMG_0513[1]
こちらの使用例は後日アップしますね~ 
この天板、ガーデニングの作業台なんかとして使われるといいと思いません?


コメントを残す